PLACE|運転の疲れを癒し、文化も味わえる「セデッテかしま」